スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」

先日、「ミツバチの羽音と地球の回転」というドキュメンタリー映画を観てきました。
「生きる」ことって何だろう・・・と考えてしまいました。

祝島に住む人たちも人間だし、
中国電力の人たちも人間で、
それぞれ生活があるわけなんだけど、
「対立」を産む「原発」って何なんだろう・・・・


豊かな未来を 原電とともに」と、上関町が望んでいる「豊かな未来」って何なんだろう・・・・・


私には、祝島のおばちゃんたちが描いている「未来」のほうがずっと豊かに思えたけれど、
その土地に住む人たち(上関町の人たち)にとっては、違うのかな?


その「豊かな未来」を夢みていたのに、
今現在、自分の家にも帰れない福島の人たちをみても、
やっぱ「原電ともに豊かな未来」を望んでいるのだろうか???
スポンサーサイト

情報の真実性

情報化社会と呼ばれている現代社会。
本当に、昔より情報が伝わっているのだろうか???
たしかに、情報量は格段に増えている。
でも、その真実性は、というと疑問附?だらけ。


今回の原発事故でわかったこと(だまされていたこと)

①野菜や水の基準値

3月17日に厚労省より各都道府県に、暫定基準値が通達された。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf

その翌日の3月18日に、福島県などの野菜から放射能が検出されたので、出荷停止。

なぜ翌日なのか?
3月17日までは大丈夫なのか?

私は、3月17日の通達を知らなかったので、
3月18日の出荷停止をそのまま信じていました。

そして、その後、23日に水からも検出されたニュースがありました。

今、この時系列をみると、3月17日以前の野菜からも検出されていたのだろうと容易に想像できる。



②電気量が足りない

原発事故後から、電気が足りないからという理由で「計画停電」が実施されました。

私たちの誰もが、原発がないと電気が足りないから、しかたないなと思っていました。


しかし、

過去に2度ほど、原発が稼働してない日があるそうです。
ちょうど、8年前の4月。

http://www.tepco.co.jp/cc/press/03041401-j.html

普通の市民は、そんなことも知らずに普通に過ごしていたわけです。
報道されなければ、知らない事実です。

原発が稼働しなくても、普通に生活できるのです。
でも、電気が足りない。。。。って繰り返し報道され、そう思い込まされているのでは?とさえ思います。



③「不都合の真実」
ゴア副大統領の映画、「不都合の真実」
二酸化炭素の悪を力説した内容の映画。
これは、原発推進のためにしくまれた映画だったそう。
石油を燃やすと二酸化炭素がでて地球温暖化がすすむという理由から、原発推奨へ傾けさせる目的があったそう。

この映画を観たとき、
原発推進には、違和感を覚えたのも事実。
でも、もっとエコに暮らそうよというメッセージには真実があったので、
そのまま、いい映画だと思ってしまってました。





真実は何か?と、
考えながら報道を見ているのですが、
やっぱ、だまされているようです。
まだまだ修行がたりないようです。


神様カード

震災のあとから、「日本の神様カード」を引くと

いつも
思金神などの岩戸の前でいろいろがんばっている?神様ばかり。

ところが一昨日の夜、引いたときに出てきたのが、

110413_211657.jpg

天照大御神と布刀玉命


とうとう、明るい日が射したようです。



昨日の朝から、スズメやカラスやウグイスなどが鳴き始めました。
昨日から磁場が変わったように感じます。
もうダイジョウブ!


このまま、
明るい未来へ続きますように・・・・・・

水道水の基準値

東京の水道水から、放射性物質が検出されてから、
わが街の水道水についても、HPで調べました。
住んでいるところ、仕事場の両方とも、
HPで調べると、
載っていました。

その値をずっと信じてきましたが、
今日、新たなことが発覚!!!

その基準値って、
「暫定基準値」で、
福島原発の事故後に決められたものらしい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf
震災前の水道水のヨウ素の基準は、
WHOと同じく
10ベクレル以下だったとのこと。

わが街の浄水場の値は、
13ベクレルくらいを示しているところがある。


と、いうことは・・・・・・・





他の食品の基準値も原発事故後に引き上げられたみたい。

震災前の基準だと、
飲めるものや食べれるものがなくなってしまうから???





自分の体は自分で守る!
自分の子どもは自分で守る!!!


もし、
何年かあとに、何かあっても、
国は何もしてくれないのは明らか。




そして、
多くの子どもたちを守りたい。
私たちより、ずっと影響が大きいのだから。


桜が満開!

110407_083618.jpg

写真は、咲き始めのころのものですが、
ただいま、桜が満開です。
今年は、桜が咲くのを待ち焦がれていたけれど、
咲いたら、なんかかえって悲しくなってしましました。
確実に時は流れているのに、
あの日から止まってしまったような気さえします。

それでも、前を向いて歩いていくしかないのです。
生きて、生きて、生き抜きましょう!

「ただちに健康に影響が出るレベルではない。」

「ただちに健康に影響が出るレベルではない。」

この言葉、聞き飽きたというか、耳にタコができるくらい聞いたというか、
聞くたびにむなしくなるんですけど。。。


「ただちに」
っていつまでですか?
「ただちに」
がすぎれば、健康に影響が出るんですか?

って、なぜ記者会見で質問がでないんだろう?って思う。

もし、「ただちに」影響あったら、
吐いたり、
皮膚がただれたり、いろいろ症状でる人が続出しますから、
言っているは、わかるんですけどね。


そして、
「怖い!」って言っているご年配の方をみると、
「大丈夫!あなたが生きているうちには、影響がでないから」
って、ツッコミを入れたくなるし、
うちの母も、
「怖いから、ゴミ捨てに行けない」なんて言っているから、
「あなたが吸っているタバコより影響少ないよ」って教えてあげたけど。


で、
なぜむなしくなるんだろう・・・・っていろいろ考えているうちに、

影響が、年齢や性別で異なるのに、
全部まとめて
「ただちに健康に影響が出るレベルではない。」って言うからだと気付いたのです。

乳幼児、
妊婦、
そして、将来子どもを産むであろう女性(特に10代)
この人たちは、
影響が出る度合いが、
一般成人男子に比べてはるかに大きいわけで、
そういう人たちのことをいっさい言わないで、
「ただちに健康に影響が出るレベルではない。」ってあり得ないと思うのです。

影響が少ない人と影響があるかもしれない人をきちんとわけて言えば、
「怖い」と思う人も減るし、
逆に、社会全体で、
影響がでるかもしれない人たちを守れるのではないかと思いました。


でも、
やっぱ、無理かな?


結局、自己防衛ですね。

放射能漏れに関して

最初に、政府が10km圏内の避難勧告をだしたとき、
念のため、という理由でしたが、
直観で、「これはヤバイ!」と思いました。

次に、
牛乳の放射性物質の値が高くなり、出荷停止になったとき、
「やっぱヤバイわ」って思いました。
テレビでは、放射性物質が草についたからだというわけのわからない解説をしていましたが、
牛さんは、今の時期草なんか食べないから、
牛が被ばくした結果なわけで、
と、いうことは、そこに住んでいる人も被ばくしていることになるんじゃないの?


野菜も出荷停止になったとき、
1か月後には、放射能に汚染されていないものを見つけるほうが難しくなるかも?って思いました。

でも、農作物の場合、深刻なのは、これからでしょう。
なぜなら、土が汚染されてしまえば、そこでつくる作物は、中に放射性物質を取り込んでしまうから。
今の時点では、その放射性物質は、表面についているだけなので、洗えば取れますが、中に入ったものは洗ってもとれません。


そして、次に「水」の汚染。

事態は、ますます深刻です。


でも、健康に害がある可能性が高いのは、乳幼児と妊婦。
私たちより上の年代は、そんなに気にしなくてもいい値かもしれません。
ちょっと気楽になってます。


そして、未来を生きていく子どもたちに、
汚染されていない水と農作物をあげてほしいと願います。
政府は、大人と乳幼児をわけて考えてほしいと思います。




一番理解しやすかったのは、
中部大学の武田邦彦先生の書いたものや、YouTubeの動画。
http://takedanet.com/


放射性物質は、その名のとおり、「もの」ですから、
それを吸い込まない、食べないことが大事かと思います。

そして、それ(放射性物質)は、物なので、
同心円に拡散することはなく、
風にのって運ばれるそう。

参考になるのは、ドイツの気象庁の予報。

http://www.dwd.de/bvbw/generator/DWDWWW/Content/Oeffentlichkeit/KU/KUPK/Homepage/Aktuelles/Sonderbericht__Bild5,templateId=poster,property=poster.gif
今日から木曜日ころまで、この辺もちょっとヤバイ感じ。
マスクはかならずしたほうがいいですね。




できるだけ、放射性物質を取り込まないようにすること。
マスクしたり、汚染した食物を食べないようにすること。
野菜は、洗って、
畜産物は、牛乳は牛の排泄物の1種ですので、牛乳のほうが出やすいです。
今日、牛肉からの放射性物質の報道がありましたが、まだ早いのでは?と思ったら、(もし、本当なら、かなりの被ばく量になるかと思います)案の定、間違いだったようですね。
魚は、小さいもののほうが、生態濃縮が少ないので、いいと思います。

そして、排泄能力や免疫力を高めて、
自分のからだは、自分で守っていきましょう。

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

amtpet

Author:amtpet
エー・エム・ティー ペットクリニックの院長です。
ペットと一緒にナチュラルな生活を楽しみましょう。


クリニックのHPです ↓


http://www.amt-pet.com/

最新コメント
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。