スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨・かみなり・地震

7月も終わりです。
この週末は、新潟での豪雨がひどく、かなりの被害があったようです。
心配です。

私の住んでいるところでも、夜は雷雨、そして明け方は地震で起こされ、
ジシンカミナリカジオヤジという言葉を思い出してしまいました。

次から次へと、天災が起きているようです。
早く、平和な日々が戻りますように・・・・・・・
スポンサーサイト

汚染牛肉

このところ、毎日のように、牛肉のセシウム汚染の話題ですね。

このことを初めて聞いたとき、3カ月後には食べ物のすべてが汚染されるだろうと予測していたので、
やっぱり!というのが感想。

稲わらが原因だそうで、
でも肥育牛、稲わら食べるの?
って、最初の疑問。
だって、稲わらだと太らないから、ほとんどが濃厚飼料のはずなんだけど。
たとえ、食べたとしても最低限のはず。
ちょっと調べたら、2,3kgだそうで、
20kgくらいエサを食べる牛さんにとっては少量。

と、いうことは、
600kgの牛が2kgの稲わらを食べて、肉にセシウムが数か月でたまったということなら、
60kgの人間が200gの食べ物で、筋肉にセシウムがたまっちゃっている?
わたしたちの筋肉にも、もうたまっているのかしら???
怖いな~~~

と、思ってたのですが、


毎日、毎日、牛肉汚染と稲わら汚染のニュースばかり聞かされていると、

ある日、ふと疑問が・・・・・・・


なぜに、こうまで不安をあおる?
肥育牛、そんなに稲わら食べてないのに・・・・

だったら、他の家畜だって、汚染されているはずなのに、他のお肉については報道されていない。
乳牛のほうが、ずっと多くの稲わら食べているはうなのに、牛乳については何も報道されていない。

たしかに、
牛肉の汚染はあったと思う。
というか、すべての食べ物が汚染されていると思う。


でも、なぜに「牛肉」?


牛肉、稲わら(稲作農家)、この二つから、キーワードが浮かんできませんか?

ある国が、売りたいもの(輸出したいもの)の代表のふたつ。

これは、あのサシがはいった日本の和牛の「牛肉」叩き以外のなにものでもないではないですか!


しかも、その和牛のこどもを産む母牛の多くは、稲作農家が飼っているんですよ。
稲作農家は、繁殖和牛をいう母牛を何頭か飼っていて、
ウンチはたい肥に、
生まれた子牛は、セリにだして家計のたしにしている農家が多いのです。

牛肉と稲わら・・・・・・・まさに一挙に両方叩けますよね。


そして、今度は、「セシウム米」騒動が起きます。、
この秋は、「コメ」叩きが始まります。
私には、わざと「セシウム米」を作らせているようにしかみえません。



牛肉→稲わら→コメ
の構図。


ある国に支配されているとは、わかっていたけど、ここまで露骨とは・・・・・・・・・



「鶏肉」は、おそらく報道されないことでしょう。
その90%以上が、ある国のエサを食べているのですから。
外に出しっぱなしにしていた、そのエサが汚染されたとしても、
そのエサのことは報道されないでしょう。


なんか、世の中の仕組み、とくに報道のしくみがわかってきたように思えます。

除草剤

201107160858000.jpg

昨日、初めての道を歩いたのですが、
(炎天下、外を歩くのはキツイですね)
私が歩いた側の草がなぜか枯れていて、
特に地面に近いほうが枯れていて、
それでも残っている部分から新しい芽がでて伸びている感じ。
これって、もしかして
除草剤まいた後のような気がしてきました。

反対側は青々としていたので、
今の時期、枯れていること自体、おかしいんですよね。

放射性物質は、それでなくても、
酸化作用(錆させる)が強いのに、
除草剤まいたところでは、
ダブルパンチ!ですよ。

ワンちゃんのお散歩、気をつけてくださいね。

梅雨明け

例年より早く、本日、梅雨明けしたようです。
湿度が高い暑さで、かなり厳しいですね。
3.11以降、例年とは違う夏を過ごすことになりそうです。



今日、乗ったJRの某特急の窓。
最近見かけなくなった開閉できる窓でした。
懐かしいですね。

201107091643000.jpg

七夕

今年は、雨は降りませんでしたが、
夕方の空は、厚い雲の覆われていました。

201107071900000.jpg

また、今年も、雲の上のランデブーですね。

七夕のお願い、書きましたか?

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

amtpet

Author:amtpet
エー・エム・ティー ペットクリニックの院長です。
ペットと一緒にナチュラルな生活を楽しみましょう。


クリニックのHPです ↓


http://www.amt-pet.com/

最新コメント
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。