スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金丸座

130817-40.jpeg


この夏、四国を旅行してきました。
最高気温を更新した、日本一暑い、四万十市江川崎も行ってきましたが、
印象に残っているのは、
こんぴらさんのふもとにある「金丸座」

ここでは、ボランティアの方がいろいろ説明してくださいました。

江戸時代からの建物を温存してあるそうで、
江戸時代には、電気などなかったため、
廻り舞台も、セリも、全部人力。
明かりも、窓からの採光のみ。(点いている電気は観光客のため)
なので、歌舞伎役者の化粧が派手になってそう。

江戸時代の庶民の娯楽だった歌舞伎。
江戸時代は、庶民と偉い方々の出入り口から席まで別だったそうですが。


現在では、もちろん冷暖房はないので、
一番気候がいい4月に年に1回の上演があり、
毎年、歌舞伎ファンでにぎわうそうです。


四国に行ったら、ぜひ訪れてみてください。
おススメします。


スポンサーサイト

自分を愛する

自分を守らなくてもいい。
自分を信じ、自分を愛せばいい。


自分を守ることばかり考えて、
そのためにエネルギーを費やしてばかりいます。
自分を信じ、自分を愛することにエネルギーを注ぎたいです。

広島原爆の日

この春、スイスのジュネーブで開催された核拡散防止条約(NPT)の会議で、南アフリカ代表が“いかなる状況でも核兵器は使用すべきではない”とする共同声明を提出したものの、日本は賛同を見送ったそうです。
68年前、広島に原爆が落とされた今日、改めて、今の政権に幻滅を感じます。



朝日新聞デジタルニュースより
http://www.asahi.com/national/update/0806/OSK201308060005.html

以下原文より

***********************************

インドへ原子力技術、日本政府に懸念 広島市長平和宣言


 【後藤洋平】《解説》松井一実・広島市長は6日の平和宣言で、参列した安倍晋三首相を前に、核不拡散条約(NPT)体制の外で核開発を進めるインドに対し、原子力技術の移転をめざす日本政府の姿勢に懸念を表明した。市長は2年前の就任以来、「核兵器廃絶は国の役割」として政府への批判を避けていたが、今回は一歩踏み込んだ。

 きっかけは今年4月。NPT再検討会議の準備委員会が開かれたスイスで、被爆2世の松井市長は、核兵器の非人道性を訴える共同声明に署名するよう政府に迫った。だが、期待は裏切られた。市長は帰国後、「広島からより強いメッセージを打ち出すべきだ」と周囲に語ったという。

 政府が共同声明に同調しなかったのは、米国の核の傘に依存する安全保障政策に配慮したためだ。市長は平和宣言で、核保有国や核抑止を支えとする国々に「威嚇によって国の安全を守り続けられると思っているのか」と訴えた。


FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
FC2カウンター
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

amtpet

Author:amtpet
エー・エム・ティー ペットクリニックの院長です。
ペットと一緒にナチュラルな生活を楽しみましょう。


クリニックのHPです ↓


http://www.amt-pet.com/

最新コメント
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。